2017年4月5日水曜日

アムステルダムのシングル運河の内、17世紀の環状運河地区

運河と赤れんがの美しい街アムステルダムはヨーロッパ有数の長江ライン川の下流の支流の一つであるアムステル川の堤防(ダム)に由来します。最も古い地区の運河はヨーロッパ各都市を結ぶ鉄道の中央駅をまるで扇の軸として半円状に広がってます。 アムステル川はこの環状に165運河に作られて、駅裏のアイ湾に注ぐ。 17世紀には北ヨーロッパ大陸の交易の中心として栄え、今でも多くの豪商の館が残っています。
 中央駅は1889年に立てられたネオ・ルネッサンス様式で日本の東京駅はこれをモデルにしたと
いわれます。 この扇状の最古の地区は多くの美術館や博物館があり、最も密度の高い観光ゾーンであります。
 駅前をまっすぐ行くと大きなダム広場に出ます。戦没者慰霊の塔は待ち合わせ場所のシンボルであり、正面に王宮があります。すぐ近くの1400年に立てられた新教会は国王の即位式が行われることで知られてます。そこから大通りの一本西に歩行者専用の小径がカルファー通りでアムステルダムの象徴ダイヤモンドの店や高級店が並んでおります。1km足らずの小径を抜けるとムントタワーに出ます。ここは元貨幣の鋳造の場所です。反対側の運河沿いにはチューリップやバラなどの花市場が続きます。
    さらに大きなシンゲル運河沿いにはライクスミュージアム(国立博物館)がありオランダを代表するレンブラントの「夜警」やフェルメールなどは必見です。 そのほか、「アンネの日記」で知られるアンネ・フランクの家は85mの塔を持つ西教会を目安にすると近くです。
 現在の光景として船を改造したボートハウスならニコラス・ウィツェンカード、オランダ市のハイネケン・ビールの工場見学で一息入れるのもいいです。ちょうど手ごろな大きさの街を観光するなら
ボートツアーと便利な路面電車(トラム)がお勧めです。
  食べ物は名物の新ニシン(ハーリング)のオニオン添えには早いが、ブローチェというバンズサンドはオランダを代表するファストフードです。 スマークレイク・イーテン(ボナプティ)

0 件のコメント:

コメントを投稿